2008年09月30日

涼宮ハルヒの溜息

涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫) (文庫)
谷川 流 (著), いとう のいぢ (著)
宇宙人未来人超能力者と一緒に遊ぶのが目的という、正体不明な謎の団体SOS団を率いる涼宮ハルヒの目下の関心事は文化祭が楽しくないことらしい。行事を楽しくしたい心意気は大いに結構だが、なにも俺たちが映画を撮らなくてもいいんじゃないか?ハルヒが何かを言い出すたびに、周りの宇宙人未来人超能力者が苦労するんだけどな―スニーカー大賞“大賞”を受賞したビミョーに非日常系学園ストーリー、圧倒的人気で第2弾登場。

次はこの溜息を読みます。憂鬱はとても面白かったです。だから溜息も読んで、そのあとに続くのも全て読みたいと思います。とくに消失は読みたいと思っています。とても面白いと何かでいっていたのを聞いたので。
でも消失までの道はまだまだ長い、だってまだ溜息だもん。
それでもあきらめねぇ。ぜったいあきらめねぇ
posted by ffooqq1 at 20:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。